サーバーがしんでました(´;ω;`)

2016年04月12日

という訳で、色々やってて思っきりミスって、サーバーがぶっ飛んでしんでました。

DBの復旧もできない感じです。

なので、まあ前までdebianだったんですが、触り慣れてるcentOS6に入れ替えました。。。

で、意外と思ったよりレスポンスが違うなという印象。若干遅い。
そもそもdebian使ってた理由がwebserverとして使うなら速いという理由で選んでいたので、まあ実際違うんだなと実感しましたぬ。
PHP7のmysql5.7のnginx1.9のhttp2という同じ構成でね。
(追記* opcache入れるだけで同じぐらいのレスポンスになりました。これが原因か? debianだとデフォで入っててYum(remiレポジトリ)だとデフォで入らないとかそんなん?あんま気にすることじゃないかこれ?)

いやーしかし、debianのjessieだとletsencryptうまく動かないとは思わなんだ。四苦八苦した挙句サーバーぶっ飛ばすとは・・・

centos6はcentos6でpython2.7がスッと入らなくてまた動かないっていうね・・・。なんだこれ。試すだけでも困難すぎだろう。

もともと大した記事も無かったし、前からブログ作りたい気持ちみたいなところはあったので、
まあこれを機にブログ作るっていうのも手なのかなーと思うところもあるにはあるという感じなのかなー。うむうむぅー。

系列またdebianと同じ方面になるけど、今度サーバー死んだら次はubuntuかなーって感じ。

windowsもubuntu積むらしいので、ubuntuの情報が増えていくはず。

vpsのデフォOSがcent6なところもあってか今までは情報の大半はcentOSだったが、最近は普通にubuntuの情報も増えてきてるみたいだし、色々後追しあって次OS入れなおす頃にはubuntuがデファクトスタンダードになっていそうな予感がしなくはない。

cent6ももう古くなってきたし結構変わってて学習コスト必要なcent7ならいっそのことubuntuにーって人も増えるのではなかろうか。

はー

(´;ω;`)おっおっううぇああぁああぅぅおぉぉおお